しょうえいニュース

 

【全児】6月の活動予告

2020/05/20

 東京都に発出されている緊急事態宣言による「外出自粛」が、どのようなタイミングで解除されるのか、首都圏の基準数値に期待するこの頃です。季節や自然は既に梅雨を思わせるものの、過ぎる日々は待ちませんので、園庭の花苗や野菜・果物を植え、チョウの飼育もいつも通りに開始していつでも子どもが登園してもよいように整備しています。先生がたも「どうすれば子どもたちと触れ合えるのか?」を日々悩みながら、しかし悩みを転じさせ “会える日を楽しみに準備するワクワク感” をエネルギーにして、企画の立案や通信実験をしています。本来 “幼児とのスキンシップあって” の保育活動ですから、それを超越することは通信手段では出来ないですし、保育でITを利用することには疑問符もあるのですが、それでも今まで家にいて体を使った遊びを忘れてしまった子どもたちに幼稚園がしてあげられることとして準備したのが「園庭開放」です。一日6回、1回30分程度で各回3~4家庭の親子で遊ぶことで、外の世界(社会関係)が存在して、「自分はそこで生きている」ことを取り戻して欲しいと願っています。勿論不安の残るかたはお越しいただかなくて構いません。代わりに、クラスごとにZOOMを利用した各組別の集まりを行いますので、親子で参加してみて下さい。1回30分程度で一日3回行います。先生がたは、子どもたちに会いたい一心なのですが、会えない辛さを克服するため画面を通して「つながる」ことに望みを繋いでいます。クラス全員一緒は無理ですが、グループになって参加児と顔を見て挨拶して、名前を呼んで、手遊びや絵本の読み聞かせ、クイズをしたり、ちょっぴり身体を動かしたりと、幼稚園で普段している「楽しいこと」が思い起こせるように配慮しつつ、この活動を練っています。

 本日一斉メールを配信しておりますが、明日は6月の準備として保護者の皆さんの意思確認をしますので、送られたフォームにてお返事を宜しくお願い致します。

 ページ上部へ